リゼロピンボール

シリコンバレー発・高性能空気清浄機「Airdog」のプロモデルが進化!移動や手入れ、操作がもっと簡単に

access_time create folderデジタル・IT

米国シリコンバレーで開発された「Airdog」は、米国特許技術を用いた“TPAフィルター”を搭載した高性能空気清浄機。電磁場をつくり有害物質を帯電させ、磁石のようにフィルターに汚れを吸着させることで、ウイルスの6分の1より細かい0.0146μmの微細粒子を99.9%以上除去する。

そんなAirdogの最上位モデル「Airdog X8D Pro」が、11月10日(金)から販売開始された。

同モデルは施設やホール、大会議室など、広いスペースで活躍しているプロフェッショナルモデルの「Airdog X8 Pro」を進化をさせたもの。より便利に、使いやすい仕様に生まれ変わったという。

より見やすくなった新ディスプレイ

今回、Airdogの正規代理店であるトゥーコネクトが発表した 「Airdog X8D Pro」は、さらに見やすくなった新ディスプレイを搭載している。 天面にある新ディスプレイでは、風量表示をL1~L5の5段階で表示。 また、オートモード、スリープモード、CO2モード*1の各機能の運転表示、および正面のディスプレイのライトが明るくなり、視認性が向上している。 足元のキャスターは前後左右、自在に動かすことが可能に。設置場所の移動や、お手入れの際の移動がより簡単になった。4輪それぞれにストッパーが付いているため、しっかりと固定できる。

CO2モード*1…室内のCO2濃度を表示するモード

リモコンで離れた場所からの操作が簡単に!

「Airdog X8D Pro」では、従来の「Airdog X8 Pro」にはなかった専用リモコンを標準装備。離れた場所からの操作が簡単になった。

風量調整やオートモードへの切り替えはもちろん、CO2モードへの切り替えやチャイルドロックも、ボタン1つで操作可能だ。

視認性と操作性が向上した「Airdog X8D Pro」。施設や店舗、オフィスなどでクリーンな空気を保ってくれるだろう。

参考元:

製品ページ:

(文・Haruka Isobe)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。