リゼロピンボール

【神奈川県横浜市】健康第一で子育てできる「グリーンヴィレッジ無添加」アパートの基礎工事始まる

access_time create folder生活・趣味
【神奈川県横浜市】健康第一で子育てできる「グリーンヴィレッジ無添加」アパートの基礎工事始まる


岸進治氏とJYU-KENは、神奈川県横浜市都筑区で計画している「グリーンヴィレッジ無添加」の基礎工事をスタート。

アレルギーやアトピー、ぜんそくの人でも安心して住める無添加住宅をベースに、入居する家族の健康を第一に考えた住宅棟をはじめ、無農薬で家庭菜園をコミュニティーとしてつくっていけるスペースなど、自然と健康、そして無添加にこだわった生活ができる環境を提供する。

グリーンヴィレッジ無添加の全体像

グリーンヴィレッジ無添加の全体像、構想の中心となる無添加住宅アパートは、自然の中にたたずむしっくいの真っ白な壁と、表情豊かな石屋根という自然素材でできている。敷地内には十分な駐車スペース・サイクルポートのほか、無農薬で家庭菜園ができる菜園スペースを併設するなど、自然に囲まれた快適な住環境を提供する。

食べ物などに気を遣う夫婦が、自宅の建て替えを考えた際、アレルギーを持つ孫に配慮し、たどり着いたのが、無添加住宅だという。

本物の健康志向の家をつくるなら、アパートも無添加のものを建て、小さな子どもがいる家族にも住んでもらいたいと、家族向けのアパートを建築することに。グリーンヴィレッジ無添加のアパートの入居予定は2024年3月末の見通しだ。

住宅棟概要


所在地は、神奈川県横浜市都筑区池辺町。アクセスは、JR横浜線鴨居駅から徒歩約27分、イトーヨーカドーららぽーと横浜店より徒歩10分、横浜市立都田小学校より徒歩2分、横浜市立都田中学校より徒歩3分となっている。新規施設は、無添加住宅棟1棟(計5戸)、菜園スペース、駐車場(計5台)、サイクルポート(計5台)。


うち無添加住宅棟1棟の概要は、メゾネットアパート(5戸)。部屋の特徴は、大型2LDK(65.62㎡・約20坪)、全室ロフト付き(8.28㎡・約2.5坪)、トイレ1階・2階、天然石の無添加キッチン、床無垢(むく)材、室内壁はしっくい、日当たり良好、道路に面していないためとても静かな環境となっている。賃料想定は148,000円~。

無添加住宅について


無添加住宅は、一般的な「自然素材の家」をはるかに上回る、いわば「超自然素材の家」。しっくい、炭化コルク、天然石、米のり、無垢材、柿渋など、使用する建材は吟味に吟味を重ねており、まるで森の中にいると錯覚してしまうような室内空間だ。

子どもを健やかに“はぐくむ”。家も手を加えながら経年変化を楽しみつつ“はぐくむ”。この2つの理由は、口に入れてもいいほど体にやさしい本物の自然素材が、生きているがゆえに変化し、その過程を楽しめるから。それはアレルギーやアトピー、ぜんそくの人も安心してもらえる住まいだ。

健康を第一に考えて子育てができる環境の「グリーンヴィレッジ無添加」の構想およびアパートに注目してみては。

JYU-KEN:

(さえきそうすけ)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。